アルコール依存症のチェック方法とは?

日本ではアルコールを飲みながら交友を深める事が多く、仕事が終わった後でもお酒を飲む機会が多々あります。しかし自分の許容量を知らずに飲みすぎると翌日、頭痛や吐き気、倦怠感などに襲われ、何度か失敗をしながら飲む量のコントロールが出来るようになります。

 

アルコール摂取量のコントロールが出来なくなる事をアルコール依存症を言います。このアルコール依存症はアルコールが体の中にあるのが普通の状態で、アルイコールが切れて頭痛や吐き気などが起きても、アルコールを一口飲むと治ってしまう状態も含まれます。ひどくなると一度飲み始めたら時間に関係なく飲み続け、食事も入浴もせずに何日もたち、具合が悪くなるまで飲んでしまう事もあります。

 

このアルコール依存症のチェックは本人、または家族でも行う事が可能です。お酒を飲んで酔っ払うまでのアルコール量が増える、アルコールが切れた時に吐き気、手の震え、発汗などの禁断症状が出てくる、またこれらの禁断症状が出た時に飲酒する事で解決しようとする、お酒を飲み始めると時間の感覚がなくなり大量かつ長時間に渡って飲んでしまう、などのチェック項目から出来ています。

アルコール依存症の症状

お酒は人のストレスを発散させ、また社交的にすることもあり、日本では仕事の延長でお酒を飲む事も多いようです。ほとんどの人が何度か飲みすぎたりと、一寸辛い目を見て自分のお酒の許容量を知り、お酒の飲み方をコントロール出来るようになります。

 

アルコール依存症という症状があります。これは普通の人はアルコールを飲んでいない状態が普通で仕事をしたり、家事をおこなったりしています。アルコール依存症はアルコールが体内にある状態が普通でアルコールが切れると感情や身体がコントロールできずにいろいろな問題を起す事です。

 

アルコールが切れた時の症状は倦怠感、胃の傷み、発汗、いらいら、頭痛など二日酔いの状況に似ていますが、アルコール依存症はこのお酒が切れた状態の時に、一口お酒を飲むとこれらの症状が消えてなくなってしまいます。

 

アルコール依存症には体に悪いと解っていてもお酒をやめられない、飲む量のコントロールが出来ない精神依存と言う症状と、アルコールが体に常にありいつも酔っ払っている状態になる身体依存と言う症状があります。またアルコールを飲み続ける事で、体に耐性が出来酔うまでのアルコールの量が増えてきて、これを自分がお酒が強くなったと勘違いして、ますます飲んでしまうのです。

アルコール依存症かなと思ったらすぐ相談

多くの人は何度かの失敗を通して、自分のお酒の適量を知り、お酒を楽しく飲む飲み方が出来るようになります。そんな中、アルコールの飲み方のコントロールが出来ない人達がいます。これはアルコールに依存している状態からアルコール依存症と言う薬物依存症の一つです。

 

毎日お酒を飲む事で、耐性ができ本人はお酒が強くなったつもりでいますが、実際は酔うまでに必要なアルコールの量が増えただけで、時間の観念なく飲み続ける事になります。またアルコール依存症の症状はお酒が抜けた時に禁断症状として手の震え、頭痛、発汗、吐き気などの症状が起き、アルコールが大量に体内に摂取する事で多くの内臓疾患も併用してきます。

 

ひどくなると幻覚や幻聴が聞こえ、攻撃的になったり、自虐的になったりと社会生活を営む事が困難になってきます。お酒を飲むと性格が変わる事も多く、回りの人間も大変な思いをします。

 

またアルコール依存症が恥ずかしい病気だと思っているので人に相談する事も遠慮がちになってしまっています。各都道府県の保健所、精神保健福祉センターなどではこのアルコーる依存症に対して無料で相談を受けています。

 

本人、または家族がこのような場所に相談に行く事からアルコール依存症の治療が始まる事も多いようです。

 

引っ越し業者は簡単な手続きの一括見積もりを利用しましょう。引っ越し料金が一目でわかるのでとても便利です。

更新履歴